World Firstへの登録方法

      2016/04/13

World First登録方法

Amazon輸出では、売上金の受取のために、アメリカの銀行口座を作る必要があります。

そこで便利なのが、World Firstというオンライン販売者向け国際送金サービス。

無料でアメリカの銀行に口座を作成してくれて、日本の口座への送金も手数料なしでやってくれるナイスなサービスです。

それでは早速、登録作業をしていきましょう。

World Firstへの登録と口座開設

World Firstは日本語に対応しているので、画面の指示に従って必要情報を入力していくだけで簡単に登録することができます。

 

まず、World Firstへアクセスし、画面右上の登録ボタンをクリックしましょう。

World First登録方法

 

画面の指示に従って入力していきます。

注意点は、アメリカの銀行口座を開設するために必要な情報なので、入力する情報はすべて英語で記述しなければいけないということだけです。

サイトが日本語なのでつい日本語で入力してしまわないよう気をつけましょう。

World First登録方法

 

なるべく強力なパスワードを求められますので、記号や数値を組み合わせた文字列を入力しましょう。

World First登録方法

 

チェックボックスが2つありますが、情報の配信を希望しない場合は下のチェックボックスにだけチェックを入れて登録すればOKです。

情報が欲しい場合は両方チェックしましょう。

World First登録方法

 

生年月日、住所を入力していきましょう。

World First登録方法

World First登録方法

World First登録方法

 

会社情報を入力しましょう。

個人事業の場合は「企業構造」で個人事業を選択します。

World First登録方法

 

個人事業の場合は入力項目がぐっと少なくなります。

屋号がない場合は自分の名前を入れておけば大丈夫です。

World First登録方法

 

住所を証明する書類を選択します。

銀行取引証明書(住所の記載があるもの)、ガス電気水道など公共料金の明細書、定款、納税証明書などを選択できます。

World First登録方法

 

選んだ書類の写真を撮ってアップロードします。

World First登録方法

 

販売している商品、送金額、どこで知ったかを聞かれます。

商品はおもちゃにしておくとよいでしょう。

金額、どこで知ったかはなんでもいいです。

World First登録方法

 

身分証明書の選択が出ます。

パスポート+住所の証明書類1通、免許証と住所の証明書類2通を選択できます。

住所の証明書類は、住民票、公共料金の支払い明細、銀行取引明細書などが使えます。

World First登録方法

 

World Firstからの確認連絡

登録が完了すると、World Firstから確認の電話がかかってきます

香港からの電話ですが、日本語を話せる人がかけてくれているので、安心して出てください。

出られなかった場合は、登録したメールアドレスに確認のメールが届きます。

World First登録方法

 

以上で、World Firstへの登録と口座開設は完了になります。

お疲れ様でした。

 

 - Amazon輸出を始める , , ,