Amazon輸出とは

      2016/03/18

Amazon輸出概要

Amazon輸出は、その名の通りAmazon通しておこなう輸出ビジネスです。

 

日本で買った商品を、アメリカなど海外のAmazonで売っていくというビジネスですね。

私のお師匠さまが言うには、上手くすれば1日1時間程度の作業で、数十万円ほどの利益を上げることも可能なのだそう。

ここでは、Amazon輸出についてざっくりと解説していきます。

 

Amazon輸出の概要

Amazon輸出でやることはシンプルで、仕入れて売るだけです。

日本のAmazonや、楽天、Yahoo、近所のスーパーなどから商品を仕入れて、アメリカのAmazonで販売するという流れで、商品を売っていきます。

商品が売れたら、注文者に商品を送り、売上金は14日に一回ペースでAmazonから受け取ります。

 

Amazon輸出のメリット

Amazon輸出には、ざっくり6つくらいのメリットがあります。

  • 無在庫販売が可能
  • 完全在宅ワーク
  • 市場規模が日本の4倍以上なのでチャンスが多い
  • 英語のハードルがあるのでその分ライバルが少ない
  • 日本製ブランドを生かせる
  • 日本での日中の時間、アメリカは眠りの時間なので、日中に作業をしなくても良い
  • 梱包や発送などの単純作業の委託先が多い

詳しくは「Amazon輸出のメリット」ページにまとめています。

 

Amazon輸出のデメリット

色々メリットのあるAmazon輸出ですが、もちろんデメリットもあります。

  • 英語必須
  • 初期投資必須(無在庫の場合は高額にならないが)
  • 維持費が結構かかる(アカウント使用料、販売手数料、ツール使用料など)
  • 3ヶ月はほぼ確実に赤字
  • アカウントを止められるともう販売できなくなってしまう

詳しくは「Amazon輸出のデメリット」ページにまとめています。

 

Amazon輸出で儲かる仕組み

Amazon輸出は、一般的な小売業と同じく、安く仕入れて高く売ることで利益を出します。

日本で海外の商品の値段を見ると、ちょっとしたお菓子でも結構いい値段でビックリすることがありますよね。

それと同じように、海外では日本の商品は、ちょっとお高い値段で販売されているのです。

ここを利用して稼ぐというわけですね。

詳しくは「Amazon輸出で儲かる仕組み」ページにまとめています。

 

 - Amazon輸出概要 , , , , ,